個人信用情報とは

住宅ローンの審査には、必ず個人信用情報を確認することになります。

 

審査情報を調べる女性

 

個人信用情報とは、その人の名前や生年月日などの個人情報だけではなく、職業や年収など細かなことが記載されています。

 

その記載の中には、お金に対することも記載されています。

 

今まで借り入れをしたことがあるのか、その返済に滞りが生じた事があるのか、現在、他社からの借り入れはどのくらいあるのか、など、お金に関する情報が記載されています。

 

一般的にブラックリストと呼ばれるのが、この個人信用情報です。

 

今まで何らかの支払いに滞りが生じた場合、ブラックリストとして、個人信用情報に5年間は抹消されずに残ることになります。

 

借り入れの返済ができなくなってしまった時に行う、債務整理の情報も必ず記載されています。

 

 

住宅ローンの契約をする時には、返済能力があるかどうかを調べることになりますから、支払いを延滞することが多いと、それだけ信頼できる相手にはなりませんから、個人信用情報を元に、審査を行うことになります。

 

銀行によっては、携帯電話の支払いが未納になっていた過去があったり、公共料金の支払いが毎月確実にできていないというようなことも、個人信用情報を元に、確認し、上記の理由により、審査がクリアにならないという事もあります。

 

自分では、うっかり入金を忘れてしまっただけと考えていても、何度も返済に滞りがあると、それだけで、信頼が下がってしまい、住宅ローンの契約ができなくなってしまいますから気を付けましょう。

 

関連ページ

必要書類が少ない
キャッシングの申し込みでは、他の金融機関よりも必要書類が少ないというメリットがあります。
使用用途を問わない
キャッシングでお金を借りる際に使用用途を問われることはありません。