申込画面

 

キャッシングは非常に審査が早く、場合によっては申し込みをしてから1時間足らずでお金を借りられるというメリットがあります。

 

審査の早さにも関わることではありますが、利点としては申し込みの際に金融機関に提示する必要書類が少ないというのもあります。

 

 

一般的な銀行融資の場合、本人確認書類として運転免許証が必要ですが、それ以外には印鑑証明書、実印、住民票、所得証明書なども必要になる場合もあります。

 

また条件によっては、担保物件に関する書類、保証人を設定する場合にはその方の本人確認書類や住民票、印鑑証明、その他諸々の書類を準備しなければいけないのです。

 

その書類を準備するだけでも数日かかってしまうことでしょう。

 

その分金利が低いです。

 

 

ですが、キャッシングの申し込みの際に必要なのは、基本的に本人確認書類のみです。

 

簡単にいえば運転免許証があれば審査を受けられるということになります。

 

もちろん、すべての方が運転免許証だけで審査をしてもらえるというわけではなく、条件によっては所得証明書も必要になることもあります。

 

ですが、それでも必要なのはそれだけです。

 

基本的に運転免許証だけで融資してもらえるので、もしも出先で急にお金が必要となった場合でも、運転免許証だけをもっていれば申込でき、すぐにキャッシングできることもあるのです。

 

できることなら、必要になるかどうかわからなくても所得証明書は準備しておくといいかもしれません。

 

いろいろな書類を準備するのが面倒だという方は、意外とキャッシングのほうがいいかもしれませんね。

 

関連ページ

使用用途を問わない
キャッシングでお金を借りる際に使用用途を問われることはありません。