消費者金融での借入れは使用用途は不問です

お金を借りる夫婦

 

お金が必要になる場面は人それぞれ違うでしょうが、たいてい銀行から融資を受ける場合、明確な理由がないと審査をクリアできないものです。

 

たとえば、

  • 家を建てる、リフォームする、といった家関係のために必要なお金を借りるなら住宅ローン
  • 車の購入や車検代、車の修理代などにかかるお金を借りるならマイカーローン
  • 子供もしくは自分の勉強関係のために借りるなら教育ローン

などです。

 

そのため、その目的以外のお金の利用はできないのです。

 

一昔前であれば、車を購入するなどの理由で見積書だけあればマイカーローンでの融資してもらい、実際には車は買わずに他の目的のために利用することも実際は可能でした。

 

ですが今はそういった費用も直接ディーラーなどに振り込み融資となるため、やはり目的以外のことには利用できないのです。

 

 

キャッシングのメリットは、基本的に使用用途は問わないという点にあります。

 

お金を借りる理由が、冠婚葬祭だろうと、旅行の費用であろうと、ブランド品を購入するためだろうと関係なく融資が可能です。

 

また、生活費のため、他の借金の返済のためでもOKなのです。

 

極端な話、借りたお金をギャンブルに使っても基本的には問題ありません。

 

実際、融資してもらったあとに、どのようなものに利用したのかという明細も提出する必要がないのです。

 

また、当初はブランド品の購入の目的で借りたが、急に生活が苦しくなって生活費に充てた、ということでも問題ないのです。

 

その分キャッシング金利は高くなりますが、いろいろな用途に使えて便利です。

 

 

関連ページ

必要書類が少ない
キャッシングの申し込みでは、他の金融機関よりも必要書類が少ないというメリットがあります。